ここから本文です

BMW&MINI、体験型の販売拠点「BMW Group Tokyo Bay」をお台場エリアにグランドオープン

carview! 7月8日(金)17時49分配信

BMWは7月8日、既に6月1日から一部プレオープンしていたBMWおよびMINIの新たなブランド体験型販売拠点である「BMW Group Tokyo Bay」のプレス向けグランドオープン記念イベントを実施した。またあわせて、BMWグループ創立100周年記念の記者発表会も行われた。

【写真をもっと見る(18枚)】

同施設は約2万7000平方メートル(東京ドームグラウンド面積の約2倍強)の敷地をもつ、日本最大規模のBMW/MINIの販売店としてオープン。すべてのモデル・ラインナップを網羅した試乗車を用意するほか、BMW認定中古車の展示、基礎的な運転トレーニングが可能なドライビング・エリア、300人以上を収容可能な会議ホール、カフェなどを組み合わせた、BMWのプレミアムな世界観を伝える複合施設となっている。

国内唯一のBMW M社公認のドライビング・エリアでは、Super GT選手権でBMW M6 GT3をドライブする荒 聖治/ヨルグ・ミュラー選手などが派手なドライビングパフォーマンスを披露。会議ホールに場所を移して行われた記者発表会では、まずBMW株式会社 代表取締役社長 ペーター・クロンシュナーブル氏が登壇。顧客の期待を超えるサービスを提供して年間30万人の来場者を見込むと語り、新販売拠点への期待の高さをうかがわせた。

さらにBMWドイツ本社からデザイン部門エクステリア・クリエイティブ・ディレクターの永島譲二氏が出席。今年3月に発表されたコンセプトカー「BMW VISION NEXT 100」の概要を説明し、BMWがこれまで実践してきたイノベーションとクリエイティビティは未来にも継承されていくと話した。

7月9日~10日には、一般公開イベントとして「BMW 100th アニバーサリーツアー」東京地区イベントが同施設で実施される。本イベントを皮切りに、12月にかけて全国7都市でのツアーが予定されている。

株式会社カービュー

最終更新:7月8日(金)17時49分

carview!