ここから本文です

ボイメンメンバー総出演の映画「復讐したい」DVD&Blu-ray発売記念イベント開催

M-ON!Press(エムオンプレス) 7月9日(土)0時34分配信

BOYS AND MEN総出演の劇場公開映画「復讐したい」のBlu-ray&DVDが、7月6日にリリース。その発売を記念したトークイベントが8日、東京・タワーレコード渋谷店で行われ、主演の水野勝、田中俊介、田村侑久が参加した。

【詳細】他の写真はこちら

映画「復讐したい」は、人気作家・山田悠介による同名ホラー小説の実写映画化作品。「復讐法」が制定された2020年の日本を舞台に、愛する妻を殺された怒りから「復讐法」に則って犯人に制裁を加えようとする中学教師・高橋泰之の姿を描く。

主人公・高橋泰之役の水野は「撮影時は役作りのために飯を食わず寝ず、顔色を変えようと思っていた。あのときから比べたら今は10キロくらい体重が違う。当時の姿を見るとガリガリだったなと思う」と熱の入った役作りを回想し「そこまで突き詰めることができたので、自分の殻を破れた感もある」と手応え十分。

室賀厚監督とは撮影前にグループとして真剣に話し合いをしたといい「そこで監督は僕らの役者としての真剣な気持ちを理解してくれて<役者として現場で待っている>と言ってくれた。クランクアップの際は<役者として仕事ができてよかった>と言ってくれた」と感慨深げだった。

テロ被害者の会リーダー・板垣潤也役の田中は「撮影が1年ほど前という気がしない。こういったジャンルの作品にボイメンとして挑戦したので、印象深い」と振り返り「原作にはないオリジナル要素も入りつつ、ワクワクとスリル、スピード感もあったので早く撮影に入りたかった」と絶妙な脚色に納得の表情。室賀厚監督については「僕らの芝居に対する本気度を汲んでくれて、撮影では一緒になって泥まみれになってくれた」とその向き合い方に感謝しきりだった。

テロ被害者の会リーダー・佐倉裕二役の田村は、なぜかパイプ椅子の上に正座しながら「(原作者)山田スタイル最高!」と絶叫すると「僕の顔は最後まで生き残る顔ではないので、死ぬくらいがちょうどいい。“早く死に顔”なんですよ」と分析。死ぬ場面の撮影が偶然にも自身の誕生日と重なっていたといい「殺されたのは自分の誕生日だったけれど、今振り返ると生きていて良かったと思う」と謎の感想で、共演者の高橋メアリージュンを「メアリー姐さん」と呼ぶも「基本的に僕はウザがられていました。なぜか女優陣にはウザがられる」とハキハキと自虐を口にし会場の笑いを誘っていた。

本作を経験して、役者としてさらに磨きのかかった3人。今後演じてみたいキャラクターを聞かれた水野は「周りから引かれるくらいの怖い役をやりたい。髪の毛を銀色に染めた借金の取り立て屋とか。僕のイメージにない役をやれたら」と新境地開拓に意気込み。一方の田中は「実写版の<ズートピア>をやりたい」と斜め行く願望を明かし、田村さえも焦らせるも、一転真剣に「戦争の悲劇を後世に伝えられるような役を演じたい」と口にした。

そして田村は水野から「ゴミ役でしょ?」とイジられると「そうそう、ゴミ役。誰がダストマンや!」と勢いのあるノリツッコミを効かせつつ「僕が憧れるのはMr.ビーン。喋らなくてもエンターテインメントを届けられるような役者になりたい。将来的にはMr.タムーンを作りたい。2時間半の超大作。チャップリン以来の無声映画。いかがでしょうか?」とドヤ顔で会場を盛り上げた。

リリース情報
2016.07.06 ON SALE
Blu-ray&DVD「復讐したい」

2016.08.24 ON SALE
SINGLE「YAMATO☆Dancing」

BOYS AND MEN OFFICIAL WEBSITE
https://boysandmen.jp/

最終更新:7月9日(土)0時34分

M-ON!Press(エムオンプレス)