ここから本文です

青春の1ページ…岩井俊二作品が中国で愛される理由

シネマトゥデイ 7月9日(土)4時0分配信

 上海国際映画祭のメイン会場・上海影城は、目当ての上映の開場時間を待つ若者で混雑していた。映画祭も後半の6月17日の夜、最も大きなスクリーンで上映されたのは岩井俊二監督の『リップヴァンウィンクルの花嫁』。20代から30代前半とおぼしき女性たちの姿が目立つ。映画祭期間中、同作の上映はこの一度きりということで、チケットは即完売。中国の日本映画ファンにとって岩井作品への注目度は特別であり、新作を心待ちにしていたファンの期待値の高さがわかる。

【写真】最新作も瑞々しい!『リップヴァンウィンクルの花嫁』

 岩井作品は、なぜ「特別」なのか。ロビーで何人かに声をかけると、「初めて観た日本映画が岩井俊二の映画だった」「中高生の時に『リリィ・シュシュのすべて』にはまり、繰り返し観た」と皆口々に思い出を語る。ファンの中心は、「小清新(シャオチンシン)」と呼ばれる若者や、かつて「小清新」と呼ばれたアラサー世代。「小清新」の定義は広いが、もともと日本や台湾から伝わったナチュラルで落ち着いた美的センスの映画や文学や音楽を好み、ライフスタイルもそれらの影響を受けている若者たちを指すことが多い。岩井監督は「小清新の元祖」とも言われ、とりわけ『リリィ・シュシュのすべて』や『四月物語』は「小清新映画」の代名詞として、その映像美や世界観が中国の若者に愛されてきた。

 『Love Letter』が好きだというアラサー世代の男性記者は、「描かれる情感がみんなピュア。今でもふと岩井監督の映画の一場面が頭に浮かぶことがある」と語る。彼のように、1980年代に生まれた「80後(バーリンホウ)」たちは、急激な経済成長で中国が大きな変化を遂げた時期に学生時代を送った。社会に出て、現実世界の厳しさもそこそこ味わった彼らにとって、岩井監督の作品は、懐かしい青春のあの頃に引き戻してくれる大切なアイテムであり、“青春の1ページ”でもある。近年、中国で多産されている青春映画の流行も、同様の心理によるものなのかもしれない。

1/2ページ

最終更新:7月9日(土)12時32分

シネマトゥデイ