ここから本文です

13タイトルの”Nindies”が遊べる任天堂のBitSummit 4thブースをご紹介

インサイド 7月9日(土)12時37分配信

9日より開幕した「BitSummit 4th(フォース)」。京都で開催されるインディーゲームの祭典として年々規模を大きくしているイベントですが、4度目となる今回は地元の任天堂が初出展。「Nintendo × Indies ”Nindies”」と銘打ってブースを構えています。

【関連画像】

ここ数年、インディーとの取り組みを拡大してきた任天堂ですが、”Nindies”という名称を日本でも使い展開を図っていくようです。7日には開発者向けポータルをリニューアルし、国内でも個人開発者でも登録できるように門戸を開きました。他のプラットフォームからの異色作も含めて、続々とインディータイトルが任天堂プラットフォームに登場していく予定です。







筆者が注目したのはWii U『ACE OF SEAFOOD』。海こそ三次元の戦闘空間、という発想で、海の生き物たちの戦いを描いたシューター。プレイヤーは鮭や伊勢海老になって他の海の生き物たちと縄張り争いを繰り広げるのですが、360度を泳ぐ操作性の良さ、スピード感溢れるアクション、そしてカッコいいビジュアルで楽しませてくれました。



スマホで人気を博したタイトルも3DSでひと味違った楽しみを届けてくれます。『ブロックレジェンド』は筆者もハマった、パズルRPG。パズルを消していくことで攻撃や防御の操作を行い、ステージの奥へ奥へと進み強敵と戦います。『1000m ゾンビエスケープ!』はワンボタンでシンプルな遊べるアクションゲーム。Aボタンだけの簡単操作で、迫り来るゾンビから逃れます。

■BitSummit 4th 任天堂ブース出展一覧

Wii U
・Runbow
・トルクル(TorqueL)
・ACE OF SEAFOOD

ニンテンドー3DS
・ショベルナイト
・ぐんまのやぼう for ニンテンドー3DS
・フェアルーン2
・洞窟物語
・新ひゅ~ストン
・ブロック・レジェンド
・Back in 1995 64
・ブレイブダンジョン
・摩尼遊戯TOKOYO
・にょきにょき たびだち編
・1000m ゾンビエスケープ!



このうち『Runbow』『ショベルナイト』『新ひゅ~ストン』『洞窟物語』『ぐんまのやぼう for ニンテンドー3DS』は既にニンテンドーeショップで配信中。多彩なゲームが楽しめる”Nindies”なタイトルも是非お楽しみを!

最終更新:7月9日(土)12時37分

インサイド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。