ここから本文です

<速報>5年ぶり復帰の由規が最速149キロも6回途中10安打6失点で黒星

THE PAGE 7月9日(土)20時18分配信

 右肩手術などで長いリハビリ生活を続けていたヤクルトの由規投手(26)が9日、神宮球場で行われた中日戦に、2011年9月3日の巨人戦以来、5年ぶりに先発復帰した。最速は149キロをマーク。かつでの剛球で押すピッチングではなく、制球に重点を置いた内容だったが、5回3分の0を投げて4奪三振10安打6失点。負け投手の責任を負ったままマウンドを降りた。ヤクルトは、後続のピッチャーも打たれ2-8のスコアで、反撃もままらず、由規が負け投手となった。

 1771日ぶりにヤクルトの背番号「11」が帰ってきた。昼間から降り続いていた雨は、由規の復帰を祝うように試合前に上がった。中日の大島への復活の第1球は、146キロのストレート。だが、ボールが続き、インサイドの147キロのストレートをライト線に運ばれる。いきなりの二塁打。続く堂上にはバントで送られ、平田には、ライトへの犠飛を許し、あっさりと1点を失った。
 しかし、その裏、ヤクルト打線が、由規を援護する。先頭の西浦が中日の先発、若松からレフトスタンドへすぐさま同点アーチ。試合を振り出しに戻した。

 2回一死から福田に147キロのストレートをレフトへもっていかれ、ヘルナンデスにはスライダーを一、二塁間に引っ張られた。一死一、二塁となったが、桂、投手の若松を連続三振。
 3回も大島にライト前ヒットを許し、強行策をとった堂上をピッチャーゴロに打ち取ったが、併殺を狙った二塁への送球が逸れて、自らのミスで無死一、三塁のピンチ。平田はセカンドゴロに打ち取るが、その間に走者が還って1-2と、またリードされてしまう。

 由規を勝たせたい。チームは一丸である。その裏二死一、二塁から雄平がライト前へのタイムリーで再び同点に。由規は4回、ナニータにチェンジアップをとらえられ、また無死から走者を出した。だが、福田を変化球でカウントを整えて146キロのストレートでスイングアウト。エルナンデスは三塁へのライナー、併殺に仕留めて得点を許さない。気持ちを全面に出した粘り強さが象徴的だった。

1/2ページ

最終更新:7月9日(土)22時15分

THE PAGE

スポーツナビ 野球情報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。