ここから本文です

台湾直撃の台風1号、農林水産業の被害額24億円超 台東が最多

中央社フォーカス台湾 7/9(土) 17:48配信

(台北 9日 中央社)台湾を直撃した台風1号による農林水産業の推計被害額が、9日午後5時現在までに7億7693万台湾元(約24億2100万円)に達していることが、農業委員会の発表で分かった。被害が最も大きかったのは東部・台東県(6億7224万元)で、全体の8割以上を占めた。

産業別では、農産物の被害額が7億762万元と最も多く、主にバンレイシ(釈迦頭)やバナナ、ショウガなどに影響が出た。畜産物もニワトリを中心に243万元の損失となっている。

台東県で深刻な被害が出たのを受け、地元出身の人気歌手、アーメイ(阿妹、張恵妹)が9日、200万元を同県政府に寄付したと発表。農業委員会も近く災害救援金の申請受付を開始するとしている。

(邱柏勝、呉エンテイ、盧太城/編集:杉野浩司)

最終更新:7/9(土) 17:48

中央社フォーカス台湾