ここから本文です

【ドラマニア】原作VSオリジナル対決に注目!2016年夏クールまとめ

cinemacafe.net 7月9日(土)12時0分配信

あっという間に7月に突入! 今年もいよいよ、暑くて熱い季節がやって参りました。夏クールでは毎年ラブストーリーがヒットしている印象がありますが…今回の注目作は!? ドラマニアな筆者おすすめのドラマを、ジャンル別にご紹介していきましょう。

【写真】「時をかける少女」完成披露試写会

■懐かしの名作「時をかける少女」が復活
アラサー女子の大好物、北川みゆきの人気コミックも

まずは、6月末から土9「時をかける少女」。1965年の発表以降、度々映画やアニメなど映像化が成されてきた筒井康隆の同名小説が、満を持して連続ドラマ枠にやってきます。これまで映像化では2時間程にまとめられていた本作が、連ドラとして一話毎にどう展開されていくのか…非常に気になりますね! 黒島結菜×菊池風磨×竹内涼真が魅せる青春恋物語は、子どもから大人までは幅広い世代が楽しめる一作と言えるでしょう。

原作もので言えば、火10「せいせいするほど、愛してる」も忘れてはなりません。アラサー女子から絶大な支持を集める漫画家・北川みゆきの同名コミック。ハラハラドキドキ…エロティックな展開を武井咲×滝沢秀明がどう演じてくれるのか。ジュエリーメーカーの広報部を舞台に物語が進行するということで、実際のティファニーと全面コラボしている点にも注目してみてください。

■北川景子が家を売り、藤原竜也が叫ぶ!
その裏には、大御所脚本家の熟練技がキラリ

また7月クールは、ドラマの裏に潜む大御所脚本家の存在にも大注目。水10「家売るオンナ」では、新婚ホヤホヤ・幸せオーラ満載の北川景子が、独特な人生哲学を持つスーパー営業ウーマンに。住宅売買競争が白熱している2016年の東京を舞台に、家を売って売って売りまくります。本作で筆をとるのは、「セカンドバージン」の大石静。同僚営業マン役の工藤阿須加&千葉雄大にもきっと何か深い過去があるのではないかと予感させてくれるほか、各話でどんなラブストーリーを堪能させてくれるのか…期待が高まりますね。

さらに、脚本家・秦建日子が最も得意とする先の読めない衝撃サスペンスが土10に登場。「そして、誰もいなくなった」というタイトルからも想像できますように、『デスノート』の怪演でおなじみ藤原竜也が叫びまくりますよ~(笑)。容姿端麗で頭脳明晰…苦労を知らない主人公が、ある日突然他人に人生を乗っ取られてしまったら!? 手に汗に握る展開、その先の先を読んで、主人公よりも先に犯人を見つけてみてはいかがでしょうか。

■ヒットの予感がプンプン!? 
堤幸彦との強力タッグ、イケメン3兄弟も忘れずに

最後に、過去のヒット傾向からも注目のドラマをご紹介しておきましょう。
まずは、向井理×堤幸彦が初タッグを組んだミステリードラマ・金10「神の舌を持つ男」です。温泉地という珍しい場所を舞台に、コミカルタッチの推理劇を繰り広げる本作。「ひと舐めすれば、ピタリと当たる」というキャッチコピー…事件に関する様々なものを“舐める”というその予告を見るだけで、「ケイゾク」や「SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~」に似たテイストをプンプン感じますよね。堤作品には、過去作品のオマージュが散りばめられていることが多々あるので、マニア必見です。

そして、桐谷美玲主演の月9「好きな人がいること」。夏のビーチを舞台に繰り広げるラブコメディということで、同枠でヒットした「ビーチボーズ」や「SUMMER NUDE」を彷彿とさせる本作も見逃せません。仕事をクビになった主人公は、ひょんなことから海辺のレストランで住み込みのバイトをすることに。なんとそこに住んでいたのが、今をときめく若手実力派俳優、山崎賢人×三浦翔平×野村周平の3兄弟というから、さぁ大変(笑)。自分の好みに合わせたイケメンを応援できるので、週の始まりにもってこいの癒しタイムをお楽しみあれ~。

以上、もう間もなくスタートする夏ドラマの注目ピックアップでした。是非、初回チェックの参考にご覧いただければと思います。

最終更新:7月9日(土)12時0分

cinemacafe.net