ここから本文です

竹内涼真「青空エール」モデルの高校をサプライズ訪問 吹奏楽部員の女子生徒をハグ

映画.com 7月9日(土)10時0分配信

 [映画.com ニュース] 河原和音氏の人気漫画を実写映画化した「青空エール」に出演する竹内涼真がこのほど、物語の舞台となる白翔高校のモデルとなった北海道・札幌白石高校の学園祭「白高祭」をサプライズ訪問し、同校の生徒たちと交流した。

 同作は、高校で吹奏楽部に入ったヒロインの小野つばさ(土屋太鳳)と野球部に所属する山田大介(竹内)が、それぞれの夢のために奮闘する姿や、2人の恋を描く青春ストーリー。竹内が訪問した札幌白石高校は、劇中の主な舞台となる白翔高校のモデルとなった学校で、何も知らされていなかった約920人の生徒が集まった体育館に竹内が登場すると、大きな歓声と拍手が巻き起こった。

 竹内は「一人での登場だったので、盛り上がるか心配でしたが(笑)、本当に温かく出迎えてくださってありがとうございます」と挨拶。「僕自身は高校時代サッカーをしていましたが、映画では高校球児を演じるために一生懸命練習しました! (生徒の野球部員に向かって)練習したんだよ! ちゃんと!」と話して生徒たちの笑いを誘った。

 さらに、映画の中でケガをした大介を吹奏楽部が演奏で励ますシーンがあることから、札幌白石高校吹奏楽部から竹内に、劇中でも演奏される吹奏楽の名曲「宝島」の生演奏が送られ、竹内は「鳥肌がたちました!」と感動しきり。そのお礼として、大介とつばさのキスシーンでかわいいと話題になっている、2人の「身長差」を再現。吹奏楽部の中でも一番背の低い女子生徒に竹内がハグをし、大いに盛り上がった。

 竹内は、話題の身長差キスシーンについて「土屋太鳳さんと僕の身長差が35センチくらいあって、1テイク目で届かなくて、(キスを)鼻にしちゃったんです(笑)。そしたらカットと声がかかった後、土屋さんに『外したよね(笑)』と言われてしまって……。恥ずかしかったです」と裏話を明かしていた。

 「青空エール」は8月20日全国公開。

最終更新:7月9日(土)10時0分

映画.com