ここから本文です

【F1 イギリスGP】初日フリー走行はハミルトンがトップ…ロズベルグはトラブルで走れず

レスポンス 7月9日(土)12時34分配信

2016年のF1第10戦イギリスGPが8日、シルバーストンで開幕。初日のフリー走行はルイス・ハミルトン(メルセデス)がトップタイムをマークした。

[関連写真]

前回のオーストリアGPから2週連続開催となる今回。シリーズ屈指の高速サーキットでマシンの空力の良し悪しが試されるシルバーストンが舞台。また昨年チャンピオンを獲得したハミルトンをはじめ、イギリス出身のドライバーや、イギリスに本拠地を置くチームも多いことから注目度の高いレースとなっている。

初日は2回のフリー走行が行われ、両セッションともドライコンディションとなった。今回もメルセデス勢が他を圧倒。ハミルトンが午前中から1分31秒654を叩き出すと、午後も1分31秒660をマーク。ライバルに0.4秒近い差をつけた。

一方、僚友のニコ・ロズベルグは午前中は2番手タイムを記録したものの、午後はトラブルが発生し1周も走れずに終わってしまった。

2番手にはダニエル・リチャルド、3番手にはマックス・フェルスタッペンとレッドブル勢が上位にランクイン。ここ数戦は高いパフォーマンスでフェラーリを上回るタイムを記録している。

前回はレース序盤で2番手走行と上位に顔を出す走りを見せたマクラーレン・ホンダ勢はフェルナンド・アロンソが6番手。ジェンソン・バトンが9番手で初日セッションを終えている。

2016F1イギリスGPフリー走行2回目結果
1.ルイス・ハミルトン(メルセデス)1分31秒660
2.ダニエル・リチャルド(レッドブル)1分32秒051
3.マックス・フェルスタッペン(レッドブル)1分32秒286
4.セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)1分32秒570
5.キミ・ライコネン(フェラーリ) 1分32秒736
6.フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)1分33秒040
7.バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)1分33秒493
8.ロマン・グロージャン(ハース)1分33秒614
9.ジェンソン・バトン(マクラーレン)1分33秒763
10.フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)1分33秒801

《レスポンス 吉田 知弘》

最終更新:7月9日(土)12時34分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。