ここから本文です

<綾野剛>「こんなところで笑うの?」主演作の米国での反応語る 

まんたんウェブ 7月9日(土)15時56分配信

 俳優の綾野剛さんが9日、東京都内で行われた主演映画「日本で一番悪い奴ら」(白石和彌監督)の舞台あいさつに登場。綾野さんは米・ニューヨークの映画祭「第15回ニューヨーク・アジア映画祭」で同作での熱演が評価され、現地で「ライジング・スター賞」を受賞した。映画祭では同作が上映され、観客の反応について「前半はこんなところで笑うの?という感じでずっと爆笑だったが、(主人公の諸星が)薬物に手を出すシーンでは急に笑いがなくなっていったので、国は違えど感覚は近いと思った」と振り返った。

【写真特集】綾野剛感無量! 矢吹春奈らから祝福

 「日本で一番悪い奴ら」は、稲葉圭昭さんによる手記「恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白」(講談社文庫)が原作。実際にあった北海道警の不祥事「稲葉事件」を題材に、“黒い警部”と呼ばれた諸星要一が薬物使用などで逮捕されるまでの26年間を痛快に描く。正義感を持ちながら、うだつの上がらない日々を過ごしていた刑事・諸星(綾野さん)はある日、先輩の敏腕刑事から「裏社会に飛び込み、スパイを作れ」と助言され、ヤクザの幹部などのスパイを率いつつ“ヤバすぎる”捜査を行うが……という内容。

 映画祭で観客と一緒に観賞したという綾野さんは「『oh……』と、しっかり声を出して反応してくれて、普通に拍手が起こって、(その反応に)巻き込まれながら3割増しくらいで面白く見ることができたので、すごくいいなと思った」と感心した様子だった。

 また綾野さんは、公開から約2週間を迎え、国内での周囲の映画の評判について「白石監督に出会わせてくれた」という俳優のリリー・フランキーさんから「『剛、よくやった! この作品最高だよ』と言ってもらえました。お褒めいただき、うれしかったです」と話していた。

 舞台あいさつには、共演者の矢吹春奈さんと瀧内公美さんも登場した。

最終更新:7月9日(土)16時34分

まんたんウェブ