ここから本文です

鉄人JKゆとり知らず!池江璃花子の夏は大忙し 7種目出場備え“実戦”ラッシュ

デイリースポーツ 7月9日(土)6時59分配信

 競泳のリオデジャネイロ五輪日本代表が8日、三重県鈴鹿市で合宿を公開した。日本記録を持つ女子100メートルバタフライなど、五輪で日本勢最多の7種目にエントリーしている東京・淑徳巣鴨高1年の池江璃花子(16)=ルネサンス亀戸=は、帰国翌日に広島市での全国高校総体(インターハイ)に出場する意欲を示し、その後も大会に出場していく予定。池江らは9、10日に三重県選手権(鈴鹿)に出場する。

 4日に16歳になったばかりのスーパー女子高生・池江が、フル稼働の夏を満喫する。初めての五輪は、100メートルバタフライなど個人4種目、リレー3種目の計7種目にエントリー。もっとも、地球の裏側から8月17日に帰国後も、休む予定はない。

 帰国してから、そのまま広島へ直行。18日からレースに出場する。「全中(中学総体)の金メダルは1個しか持っていなくて。中学の時は悔しい思いをいっぱいしたので、高校では3連覇したい!!」。18日に予選・決勝が行われる50メートル自由形と、19日の100メートル自由形で2冠を狙う。

 17日に行われるリレーについても「本当は出たかったけど、間に合わない」と、水が恋しくて仕方がない様子。インターハイ後は、8月末のJOCジュニアオリンピックカップ夏季大会(辰巳)、9月初旬の岩手国体にも出場する予定で「楽しみ!!レースが続くけど、その中でも記録を狙いたい。濃い夏にしたい」と語った。

 リオでの頂点を見据え、三重県選手権に出場する。50メートル自由形など個人では4種目に出場する予定で「高いところを狙っていきたい」と、記録更新に意欲満々。“鉄人JK”が、ハードな夏のスタートダッシュを決める。

最終更新:7月9日(土)7時12分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]