ここから本文です

ジンクスは破れる?小祝さくら、前人未踏のアマチュア逃げ切りVへ

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 7月9日(土)18時26分配信

国内女子ツアー「ニッポンハムレディス」2日目、首位から出た小祝さくら(18=飛鳥未来高3年)が3バーディ、4ボギー「73」(パー72)とスコアを一つ落としたが、通算6アンダー首位タイで最終日を迎える。ツアー史上5人目のアマチュア優勝を狙う。

「ニッポンハムレディスクラシック」フォトギャラリー

最終日を首位(タイも含む)で迎えたアマチュアの逃げ切りは過去一度もなく、前人未踏の快挙に挑むことになる。

並ぶのは、ツアー20勝の李知姫(韓国)、同2勝の大江香織の2選手。いずれも今季1勝を挙げたトッププロだ。小祝は「優勝は全然考えていません。最初から今回はローアマチュアを狙っていましたから」と笑顔。「あすはバーディチャンスが来たら狙います。でも、伸ばそうと考え過ぎずにいきます」と気負いはない。

データ的には、厳しい戦いが予想される。1988年のツアー制度施行後、アマチュアが首位(タイも含む)で最終日を迎えるのは、8度目。しかし、いずれも逆転負けを喫している。今季は6月の「ニチレイレディス」で、小祝と同学年の勝みなみ(鹿児島高3年)が単独首位で最終日を迎えたが、逆転を許した。

ゴルフを始めた当初の憧れは、宮里藍だった。「試合を見に行ったことがあります」と興奮気味に語った。宮里はアマチュア時(18歳101日)に03年「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」で優勝し、プロに転向した。18歳86日目で迎える最終日。小祝はジンクスを破れるか。(北海道北斗市/林洋平)

最終更新:7月9日(土)18時44分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。