ここから本文です

首位タイ浮上も腑に落ちない 大江香織の尽きない不安

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 7月9日(土)19時27分配信

国内女子ツアー「ニッポンハムレディス」2日目、3打差を追って2位から出た大江香織が「70」で回り、アマチュアの小祝さくら(18=飛鳥未来高3年)らと通算6アンダーで並び、首位に上がった。快進撃を続けるアマチュアを止める急先鋒として期待されるが「(私が)うまくいきすぎている感じがする」と首を傾げた。

「ニッポンハムレディスクラシック」大会フォトギャラリー

最終組で出ると、1番、2番でともに1.5mにつけて連続バーディと飛ばした。4番でティショットを右に曲げるミスでダブルボギーとし、貯金を吐き出したが、崩れなかった。その後の4つのロングホールで、3バーディと確実に伸ばした。今季は3月の「Tポイントレディス」で優勝後、7試合連続予選落ちなど不調だった。「やっとショットが良くなった」と少し胸を張った。

最近は、左手親指の関節痛に悩んだ。「サントリーレディスオープン」から2試合を欠場。私生活でも影響が出た。靴を履くのも、車のサイドブレーキを引くにも苦労した。望まぬ休息期間には「暇だったので」と、700冊ほどそろえる漫画の読書に没頭。ゴルフは、練習場でたまにクラブを振るだけだった。久しぶりにラウンドしたのは今月3日。「79」と散々だった。不安を持って会場入りし、蓋を開ければこの順位。これが腑に落ちない理由だ。

この日も痛み止めを飲んで試合に臨む。まだ指ははれ、完治とはいかない。「ゴルフの難しさは知っているので」と、優勝の高望みはしていない。だが、この経験値こそプロの最大の強みだろう。(北海道北斗市/林洋平)

最終更新:7月9日(土)19時27分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]