ここから本文です

タランティーノも魅了!実力派女優にしてエコロジスト、メラニー・ロランに注目

cinemacafe.net 7月9日(土)16時0分配信

『サラの鍵』原作者タチアナ・ド・ロネのベストセラー小説を映画化し、先日の「フランス映画祭2016」でも上映された『ミモザの島に消えた母』が、7月23日(土)より公開される。本作に出演するメラニー・ロランは、本作のようなヒューマンドラマはもちろん、アクション映画や戦争映画などまで幅広い作品で活躍し、あのクエンティン・タランティーノをも魅了したフランスの実力派女優だ。

【画像】『ミモザの島に消えた母』メラニー・ロラン

「ミモザの島」と呼ばれる風光明媚な避暑地で、謎の溺死を遂げた美しい母。それから30年、いまだ母への喪失感から抜け出せないアントワン(ローラン・ラフィット)は、真相を突き止めようとするが、なぜか家族は“母の死”について頑なに口を閉ざす。再びミモザの島を訪れたアントワンは、自分が知らなかった母のもう一つの顔、そして母の死の背景に渦巻く禁断の真実に辿り着くのだったが――。

本作で兄アントワンを見守り、ときに母の真実の手がかりへと導く妹アガット役を演じるメラニー・ロラン。監督のフランソワ・ファヴラは、当初からアガット役に彼女をイメージしながら脚本を書き、「演技が生き生きしているところや、ユーモア、すべてを物語る視線、決定的な場面で激しい感情が放たれるところが素晴らしい」と大絶賛を寄せている。

“生まれたときから、一緒に生活している人に裏切られていた”という状況の中で傷つき、打ちのめされながらも、家族の秘密と過去の呪縛に戦いを挑む複雑な心情は、確かに彼女にしか演じられない難しい役どころといえそうだ。

メラニーは、声優の父、ダンス講師の母という芸術的な環境に育ち、2006年の『マイ・ファミリー/遠い絆』でセザール賞若手女優賞を受賞。その後、タランティーノ監督『イングロリアス・バスターズ』(’09)で、家族を殺されナチス将校(クリストフ・ヴァルツ)に復讐する若き映画館主を好演し、一躍国際的に脚光を集めた。11年のカンヌ国際映画祭の開会式と閉会式ではホスト役を務めており、『オーケストラ!』『黄色い星の子供たち』『人生はビギナーズ』『グランド・イリュージョン』など代表作は枚挙にいとまがないほど。9月公開のブラッド&アンジェリーナ・ジョリー・ピット夫妻の『白い帽子の女』にも出演している。

また、彼女は女優業だけにとどまらず、2008年には短編映画『De moins en moins』(原題)で監督デビューも果たし、第61回カンヌ国際映画祭の短編コンペティション部門に出品。「自己愛の強い倒錯者について語りたかった」という意欲作『呼吸 ー友情と破壊』(’14)は、第67回カンヌ国際映画祭の批評家週間部門で特別上映されるなど、女性らしいみずみずしい演出が高く評価されている。

さらに、エコロジストとしての経験をもとに共同監督したドキュメンタリー『Demain』(原題)では、自給自足のオーガニック・フード、新たなエネルギー源や教育システムの模索など、大きなテーマを章立ててわかりやすく解説し、知的センスが光る話題作として注目を集めた。

美貌と演技力と共に、実に多彩な才能を見せるメラニー。本作でもひと際目を引くに違いない。

『ミモザの島に消えた母』は7月23日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開。

最終更新:7月9日(土)16時0分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。