ここから本文です

バレンティン激高退場「故意…許されん」真中監督「1球目からあそこ…ありえん」

デイリースポーツ 7月9日(土)6時59分配信

 「ヤクルト6-3中日」(8日、神宮球場)

 怒りが大爆発した。2-0の三回2死一塁。ジョーダンの初球を左腕に受けたヤクルト・バレンティンの表情がみるみる変わり鬼の形相になった。怒声を上げ、周囲の制止を振り切るように突進。ジョーダンのいる方向へ、ヘルメットを投げつけた。

【写真】バレンティン 死球に激高!

 両軍入り乱れる乱闘寸前の事態。バレンティンは、審判員から危険行為とみなされて13年以来2度目の退場処分を受けた。試合後は「故意にぶつけられたと感じた。許されることじゃない」と苦言を呈し、真中監督は「1球目からあそこにいくことはあり得ない」とフォローした。

 連敗は3でストップし、最下位脱出。一回に先制の2点適時二塁打を放ったバレ砲は「チームが勝利してくれたのが唯一の救い」と試合後は安堵(あんど)感を漂わせた。

最終更新:7月9日(土)7時52分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]