ここから本文です

<唯月ふうか>9代目ピーターパンが初始球式 ノーバンならず「80点」

まんたんウェブ 7月9日(土)19時10分配信

 女優の唯月ふうかさんが9日、神宮球場(東京都新宿区)で行われたプロ野球・ヤクルト対中日戦の始球式に登場した。ミュージカル「ピーターパン」で9代目ピーターパンを務める唯月さんはこの日、おなじみのピーターパンの衣装でマウンドに上がり、ピッチングを披露。ボールを1バウンドでキャッチャーミットに届かせ、笑顔をはじけさせた。

【写真特集】神宮球場が“ネバーランド”に?

 始球式後、報道陣の取材に応じた唯月さんは「すごい楽しかった。始球式は初めて。元々球技が苦手で最初決まったときはどうしようかと思ったんですが、何とかボールと友達になれてよかった」とにっこり。練習は同ミュージカルのけいこ中などに行ったといい、自己採点を聞かれると「1回バウンドしちゃったので80点くらい」と回答。同席したヤクルトのマスコットキャラクター・つば九郎は唯月さんのピッチングに「100点 事務所がでかいので」とフリップを使ってコメントして笑わせた。

 この日は、同ミュージカルでダブルキャストでウェンディ役を演じる入来茉里さん、片山陽加さんも登場。始球式の前にミュージカル楽曲を披露するなど、球場を盛り上げた。ミュージカル「ピーターパン」は24日~8月3日、東京国際フォーラム(東京都千代田区)で上演。

最終更新:7月9日(土)20時17分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。