ここから本文です

かこさとし展開幕 こおりやま文学の森資料館

福島民報 7月9日(土)10時0分配信

 こおりやま文学の森資料館の特別企画展「かこさとしの世界」は9日に福島県郡山市の同館で開幕し、絵本作家で児童文学者のかこさとしさんの世界を紹介する。 
 工学博士で技術士(化学)でもあるかこさんは「からすのパンやさん」や「だるまちゃん」シリーズの絵本のほか、科学絵本などで知られ、作品数は600点余りに上る。特別企画展は8月21日までで、絵本作品をはじめ下絵などの直筆資料、複製原画、かこさんの世界を紹介するパネルなど約100点を披露する。 
 同時開催の「わたしの ぼくのだるまちゃん」展では、かこさんの絵本を基に児童や生徒が描いた読書画約140点を展示する。 
 入場料は一般200円、高校・大学生100円、中学生以下と65歳以上、障害者手帳を持っている人は無料。時間は午前10時から午後5時まで。月曜日休館(月曜日が祝日の場合は翌日)。問い合わせは同館へ。 
 内覧会が8日、館内で催され、市や市議会、マスコミ関係者ら約30人が鑑賞した。 

福島民報社

最終更新:7月9日(土)11時14分

福島民報