ここから本文です

DE DE MOUSE、柿喰う客“女体シェイクスピア”最新舞台の劇伴担当

音楽ナタリー 7月9日(土)12時0分配信

DE DE MOUSEが、舞台「艶情☆夏の夜の夢」の音楽を担当することが明らかになった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

劇団・柿喰う客による「艶情☆夏の夜の夢」は、女優のみでシェイクスピア作品を演じる「女体シェイクスピア」シリーズの8作目。古代ギリシャから現代の日本に舞台を移し、原作「夏の夜の夢」に新解釈を加えて上演される。岡本あずさ、岡田あがさ、千葉雅子が客演するほか、KAORIaliveが振り付けを担当する。

舞台は、8月4日から14日まで東京・吉祥寺シアター、8月18日から8月21日まで大阪・ナレッジシアターにて上演。またDE DE MOUSEをゲストに迎えたアフターイベント「艶情☆ナイト」が、8月6日18:00開演の東京公演、20日18:00開演の大阪公演終演後に行われる。チケットはLivePocket-Ticket-にて販売中。

柿喰う客 女体シェイクスピア 008「艶情☆夏の夜の夢」
2016年8月4日(木)~14日(日)東京都 吉祥寺シアター(※8月8日は休演日)2016年8月18日(木)~8月21日(日)大阪府 ナレッジシアター

最終更新:7月9日(土)12時0分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。