ここから本文です

ジュリア・ロバーツ&ジェイコブ・トレンブレイが母子役の新作にオーウェン・ウィルソン

映画.com 7月9日(土)21時30分配信

 [映画.com ニュース] 「ルーム」で注目を集めた天才子役ジェイコブ・トレンブレイ主演で、ベストセラー児童小説「ワンダー Wonder」を映画化する新作に、オーウェン・ウィルソンが出演するようだ。

 原作は、2012年に出版されたR・J・パラシオのデビュー小説で、米ライオンズゲートが映画化権を獲得した。主人公は、ニューヨーク・マンハッタンに住む「スター・ウォーズ」が大好きな少年オーガスト。生まれつき顔に障害があり自宅で勉強してきたオーガストは、10歳になり初めて学校に通い始めるが、ほかの生徒たちからさまざまなイジメにあうという物語で、主人公だけでなく周囲の人間も含めた多角的な視点で綴られている。

 映画「Wonder(原題)」は、主人公と同様に大の「スター・ウォーズ」ファンとして知られるトレンブレイがオーガスト役、原作を絶賛しているジュリア・ロバーツが母親役を演じる。英エンパイアによれば、ウィルソンはオーガストの父親役を演じる模様だ。監督は「ウォールフラワー」のスティーブン・チョボウスキー、脚本は「LIFE!」(ベン・スティラー監督・主演)のスティーブ・コンラッドが手がける。17年4月7日全米公開の予定。

最終更新:7月9日(土)21時30分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。