ここから本文です

30台の僅少限定車、ルノー・ジャポンから。「ルーテシア・ルノー・スポール トロフィー」

エコノミックニュース 7月9日(土)10時17分配信

 ルノー・ジャポンから「メガーヌ・ルノー・スポール 273トロフィー2」が、150台限定で発売される。このスポーツモデルは、過去にニュルブルクリンクサーキットでFF市販車最速タイムを更新した実績を持つ メガーヌ ルノー・スポール トロフィーRと同じパワートレーン、軽量チタンマフラーなどのハイレベルなスペックを持つモデルだ。

 同限定車は、“メガーヌ ルノー・スポール”のトップモデル「メガーヌ・ルノー・スポール トロフィーR」と同じ最高出力273psのパワフルな2リッターターボエンジンを搭載し、ノーマル比で4㎏軽量なアクラポヴィッチ製チタンマフラーや、レーシングスピリット溢れるレザー&アルカンタラコンビ レカロシートを装備するなど、本格スポーツモデルにふさわしいスペックと装備を持つ限定モデル。

 カラーバリエーションは、メガーヌ・ルノー・スポールには初採用となるルージュ・フラムMと グリ・チタニアムMを含む5色となる。

 TROPHY(トロフィー)の称号は、ルノー・スポールモデルの最高峰グレードに与えられる。価格は422.0万円。

 また、同時にコンパクト・ルノーの人気モデル、ルーテシアにも少量生産のスポーツモデル“TROPHY”が登場する。「ルーテシア・ルノー・スポール トロフィー」だ。

 こちらは、最高出力220ps、最大トルク260Nmを発生するハイパワー1.6リッター直噴ターボエンジンに、スムーズで素早いシフトチェンジを可能にする6速エフィシエント・デュアルクラッチを組み合わせた、レーシングカー直系の刺激的な走りが楽しめるモデルだ。

 レースで培ったノウハウをフィードバックした高いホールド性と、毎日の運転から長距離ドライブまで快適性を損なわないサポート性を併せ持つ、ヘッドレスト一体式レザーフロントスポーツシートを装備する。

 「ルーテシア・ルノー・スポール トロフィー」のボディカラーは白のみ、価格は349.5万円で、僅か30台の限定車だ。(編集担当:吉田恒)

Economic News

最終更新:7月9日(土)10時17分

エコノミックニュース