ここから本文です

井納128球目の失投「何とかあそこで…」DeNA連勝止まった

デイリースポーツ 7月9日(土)9時0分配信

 「巨人3-1DeNA」(8日、東京ドーム)

 失投だった。同点の七回、2死二、三塁。DeNA・井納翔一投手が大田に投じた128球目のフォークが、落ち切らずに外角に甘く入った。決勝の左中間三塁打を献上。そのまま降板した。

 「何とかあそこで踏ん張って、同点のままマウンドを降りないといけなかった」。淡々と振り返った。

 ラミレス監督は「ストライクゾーンからボールに抜けるべきボールが、ゾーンに残った。歩かせても、次の阿部のところで田中を用意していた。失投が痛かった」と説明。四球OKの場面だったことを強調した。

 球宴までの9連戦。目標の7勝2敗へ、3連勝でスタートしたが2カード目初戦で落とした。井納は「とらないといけなかった。あしたから相手は菅野君とマイコラス。ずばぬけた投手だから」と責任を一身に背負った。

最終更新:7月9日(土)9時10分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]