ここから本文です

球児、夢追う夏開幕 高校野球福島大会

福島民報 7月9日(土)10時20分配信

 夏の甲子園出場を目指す第98回全国高校野球選手権福島大会は8日、福島県郡山市の開成山野球場をメインに開幕した。連合4チームを含む78チーム、86校が出場し熱戦を繰り広げている。開幕試合は安積が葵に6-0で勝利した。
 初日は同球場で開会式が行われた。スタンドで多くの家族や学校関係者らが見守る中、前回大会優勝の聖光学院を先頭に、全チームの選手が入場行進した。小高工は来年4月に小高商と統合し小高産業技術高となるため、現校名での出場は最後。ナインは力強くダイヤモンドを踏みしめた。若松商の五十嵐啓翔主将(3年)が選手宣誓した。 
 大会は前、後半の計10日間にわたり、6球場でトーナメント戦で争う。順調に日程が進むと24日に開成山野球場で決勝が行われる。 
 全国高校野球選手権大会は8月7日に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する。 

福島民報社

最終更新:7月9日(土)11時37分

福島民報