ここから本文です

夏木マリと「深夜高速」セッション!フラカン全国ワンマン東京編

音楽ナタリー 7月9日(土)13時31分配信

7月2、3日に東京・LIQUIDROOMでフラワーカンパニーズのワンマンライブ「夢のおかわり2016」が開催された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

今年2月より全国47都道府県のワンマンツアーを実施している彼ら。この記事では2日間行われた東京公演のうち、初日にあたる7月2日の模様をレポートする。

おなじみのSEと共に登場した4人はまず「馬鹿の最高」でライブをスタート。昨年リリースされたミニアルバム「夢のおかわり」の楽曲や、久々に演奏したという「薄い影」など、新旧を織り交ぜたセットリストが組まれた。鈴木圭介(Vo)の柔らかな歌声が会場を包み込んだ「元少年の歌」ののち、メンバーは今回のツアーや昨年末に行いソールドアウトとなった、自身初の日本武道館公演を回想。そして今回のツアーが、武道館公演のお礼の気持ちを込めたものであることを改めて告げた。

MCではラブリーサマーちゃんが自身のシングルで「また明日」をカバーしたこと、PUFFYに新曲「涙を探して」を提供したことなどが話題に挙がる。そんな中「深夜高速」の演奏が開始されると、シークレットゲストとして夏木マリがステージに登場。夏木自身ライブでもカバーしているというこの楽曲を、鈴木と共にソウルフルなデュエットで展開し、ファンを大いに沸かせた。「深夜高速」が終わると、夏木は「みんな大好きな楽曲なのに、一緒に歌っちゃってごめんね!」と挨拶。バンドの隠れファンであったことを告白しつつ、スタンディング形式のライブは久々とのことでうれしそうに客席を見渡した。

さらに、4月に発売された夏木のミニアルバム「朝はりんごを食べなさい」より、鈴木が作曲を手がけた「マグダラのマリア」もフラカンの演奏をバックに披露された。メンバーは拍手で夏木を見送り、再び4人になると、武道館でもハイライトの1つとなった「発熱の男」を続けてプレイ。グレートマエカワ(B)とミスター小西(Dr)による息ぴったりなコーラスが会場に響き渡った。

アンコールでは最新曲「青い吐息のように」「ロックンロール」などを演奏。さらにダブルアンコールの「Good Morning This New World」では、竹安堅一(G)がマンドリンをライブ初披露するという貴重な場面もあった。そしてファンとのシンガロングが行われた「サヨナラBABY」でこの日のライブは締めくくられた。

フラワーカンパニーズ 47都道府県ワンマンツアー「夢のおかわり2016」(※終了分は割愛)
2016年7月9日(土)沖縄県 桜坂セントラル2016年9月11日(日)大分県 T.O.P.S Bitts HALL2016年9月13日(火)奈良県 奈良NEVER LAND2016年10月29日(土)福島県 clubSONICiwaki2016年10月31日(月)宮城県 仙台MACANA2016年11月3日(木・祝)岩手県 Club Change WAVE2016年11月5日(土)青森県 青森Quarter2016年11月12日(土)福井県 福井CHOP2016年11月13日(日)滋賀県 SHIGA U★STONE2016年11月16日(水)鹿児島県 SR HALL2016年11月18日(金)熊本県 Django2016年11月20日(日)鳥取県 松江 AZTiC canova2016年11月26日(土)埼玉県 HEAVEN'S ROCK さいたま新都心 VJ-32016年11月27日(日)千葉県 千葉LOOK2016年12月9日(金)新潟県 CLUB RIVERST2016年12月11日(日)愛媛県 WStudioRED2016年12月14日(水)京都府 磔磔2016年12月15日(木)京都府 磔磔2016年12月18日(日)和歌山県 和歌山CLUB GATE

フラワーカンパニーズ「夢のおかわり2016~フォークの爆発編~座って演奏するスタイルです~」
2016年9月17日(土)富山県 フォルツア総曲輪 ライブホール2016年9月28日(水)東京都 渋谷duo MUSIC EXCHANGE2016年9月30日(金)大阪府 ユニバース2016年10月2日(日)広島県 グランドソウルカフェガンズ2016年10月8日(土)北海道 サンピアザ劇場2016年10月10日(月・祝)山形県 山形ミュージック昭和Session

最終更新:7月10日(日)11時19分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。