ここから本文です

カーラ・デルヴィーニュ、役を得るため服を着ずに森の中へ

Movie Walker 7/9(土) 14:59配信

カーラ・デルヴィーニュは、『スーサイド・スクワッド』(9月10日公開)のエンチャントレス役を手に入れるため、素っ裸になって森の中に立たなければならなかったと語っている。

【写真を見る】裸で森へ!?役を得るためにカーラがとった行動がすごい!

同作のデヴィッド・エアー監督は、彼女がキャラクターに入り込んだ姿を見たいと要求し、「夜に森の中で全裸になれ」と言ったらしい。

「私が役を手に入れる前にデヴィッドが私に語ったのは、エンチャントレスのことだけだった。だから依存症とか、自暴自棄になることとか、空虚な感じとか、自分自身の中のそういう部分をまず探さなければいけなかった。そこで彼が私に『田舎の森に行きなさい。できれば満月の下で裸になってどんな気分になるか感じるんだ』と言ったの。私は『なんてクールなんだろう!わかった。私、やるわ』と言った。まだ役を貰ってもいなかったのに!」とカーラはSciFiNow誌に話している。

カーラは最近、「幼少時代は血と死にとりつかれたダークな子供だった」と語ったばかり。「子供の頃は、血と死にとりつかれていた。陰気に聞こえるかもしれないけど、自分の体を切りつけたりしていた。父親のようにヒゲを沿っているふりをして」と話していた。【UK在住/MIKAKO】

最終更新:7/9(土) 15:00

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]