ここから本文です

エムに生きるM男を描いたWeb漫画「エムさん。」の単行本化が決定 さらけだす性癖に熱い思い、そして愛……!

ねとらぼ 7月9日(土)16時13分配信

 主人公がM男のWeb漫画「エムさん。」の単行本化が決定しました。作者の@msanstyleさんがTwitterで報告、KADOKAWAより8月22日に発売される予定とのこと。

【偏ったこだわり? それとも】

 漫画は作者のWebサイトで公開されており、7月8日には第77話が更新されたばかり。前日譚の「エムさん。2009」全27話も同サイトで読むことができます。

 「エムさん。」は、主人公の性癖や風俗・アダルトビデオのこだわりなどを描いた作品。基本的に下ネタを主軸としているのですが、Mな主人公のまっすぐな愛やこだわりなどから、作者の熱い思いを感じられる作品になっています。

 例えば第17話「イメクラ~JK編~」では、いかにもな“女子高生コスプレ”をしてきた女の子に対し「そんなコスプレみたいな格好をした女子高生がいるか」と一喝し、最終的にはリアルな夏服で「嫌悪感丸出しの顔でにらみつけながら、ホームで電車を待っているんだ」とこだわりの指定。そのまま時間まで睨まれるのを楽しんだ後、最後には女の子にお礼とお詫びをするエムさん。また、“女教師コスプレ”に対しては「そんなベヨネッタみたいな女教師が現実にいるか」というこれまたつっこんでみせます。これわかる、わかるぞ……!

 ほかにも、それぞれ異なる性癖を持つ男2人で妄想や過去話等を語らう話や、小学生時代のSな女の子との思い出話などが展開。それらの高度な内容に共感できるできないは別として、がっつりエロくはせず作品としての品を保っており、ギャグ漫画としてゆるく楽しむこともできます。

 2016年2月頃にはTwitter上で作品のツイートが拡散され、「なんてこった。俺得すぎるっ!」「共感はどうやっても無理だけど面白いw」と話題に。感じ方は違えどハマったという声はもちろん、「下ネタをおもしろほっこり読ませてしまう表現力」「性風俗をネタにした漫画なのに、えもいわれぬ品がある。愛とか誠意とかを感じる」といった声が上がっていました。

最終更新:7月9日(土)16時13分

ねとらぼ