ここから本文です

15年度のお稽古・習い事市場規模は前年度比0.3%減の1兆9,699億円

エコノミックニュース 7/9(土) 19:03配信

矢野経済研究所では、国内のお稽古・習い事市場の調査を実施した。調査期間は2016年4月~6月、調査対象は主要カルチャーセンター、主要フィットネスクラブ、主要通信教育事業者、その他習い事サービス提供事業者等。調査方法は同社専門研究員による直接面談、電話・e-mail によるヒアリング、ならびに文献調査。

 2015年度のお稽古・習い事市場規模は、受講料ベースで、前年度比0.3%減の1兆9,699億円であった。分野別に上位5位までをみると、「スポーツ教室」6,510億円(構成比33.0%)、「日本文化教室」(華道、茶道、書道、日本舞踊、囲碁、将棋、短歌、俳句、着付け)3,208億円(同16.3%)、「外国語教室」(通学・通信講座)3,100億円(同15.7%)、「アート教室」(絵画・彫刻、写真、陶芸、手芸、フラワーアレンジメント、ガーデニング)2,570億円(同13.0%)、「ダンス教室」(バレエ、社交ダンス、ジャズダンス・ヒップホップ他)2,220億円(同 11.3%)となった。

 少子高齢化の進行による対象人口の減少もあり、多くの分野が前年度割れとなったが、「スポーツ教室」「外国語教室」「料理教室」は前年度を上回った。「スポーツ教室」は、子供向けの教室が堅調に推移している。子供の運動能力低下を背景とした健康増進や、スポーツを通じて礼儀、協調性、社交性などを身につけることを目的とする保護者のニーズは底堅い状況にあるという。

 「外国語教室」に関しては、グローバル化の影響によりビジネス需要が拡大していることや、幼児・子供向けでは、早期英語教育需要の高まりから受講者が増加基調にある。「料理教室」は、縮小基調が続いていたが、男性の参加者が増加しているほか、インターネットの普及とスマートフォンの一般化により、多様な受講スタイルに変化してきている。SNS など口コミによる生徒集客事例も増えており、市場は微増に転じている。

 調査に関連し、2016年4月~5月に実施した消費者アンケート調査によると、首都圏や近畿圏、その他政令指定都市(熊本市を除く)に在住の20歳代~60歳代の男女で、現在お稽古・習い事を実施している人、あるいは過去1年以内に実施していた人、今後1年以内に実施予定の1,083名に対し、「インターネットの無料動画配信サービスを用いた独学によるお稽古・習い事の経験の有無」について尋ねたところ、教室等に通う代わりに複数回利用したことが「ある」と回答した人は 19.2%と約2割の回答が得られた。

 また、「ある」と回答した 208 人のうち、独学で実施した習い事の種類を尋ねたところ、「語学・外国語」が57.7%と過半以上を占めトップであった。次いで「フィットネス・スポーツ」21.6%、「音楽(楽器・唄)」17.3%と続く。「フィットネス・スポーツ」「音楽(楽器・唄)」とも、実際に体を動かしてコーチングを受ける要素が強い習い事のジャンルであると考えるが、動画を見て学ぶことでも充分と考えるユーザー層が一定数は存在するという結果が得られた。
 
 さらに、無料動画配信サービスを用いた独学による「お稽古・習い事」の経験がある208人に、独学を選択した理由を尋ねたところ、「教室に通う時間がない」「自分の都合に合わせて利用できる」「自分のスキルに合わせて利用できる」がそれぞれ4割前後で上位を占めた。(編集担当:慶尾六郎)

Economic News

最終更新:7/9(土) 19:03

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。