ここから本文です

【藤田菜七子】落馬の影響感じさせず元気に4鞍騎乗

東スポWeb 7月9日(土)18時37分配信

 関西地区初登場となった6日の園田競馬で落馬し、左足を負傷した藤田菜七子騎手(18=根本)が9日、福島競馬場で4鞍に騎乗した。7日の調教は大事を取って休んだが、その後、病院での検査で異常は認められず痛みもなかったため、前日(8日)の調教から復帰していた。

 この日最初の騎乗となった2Rは9番人気キャプテンヴォーグでスタートよく飛び出しレースを引っ張る展開。3コーナー手前で後続に飲み込まれたが、最後の直線で粘り4着と上々の滑り出し。

 しかし、続く6Rは3番人気ミディで15着、7Rは8番人気ニシノマメユリで14着、8Rも9番人気ラッキーポイントで14着と振るわなかった。

 最終レース後に行われた握手会では、集まったファン一人ひとりに笑顔で応じ、落馬の影響は感じさせなかった。日曜は福島で3鞍に騎乗する。

最終更新:7月9日(土)19時11分

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ