ここから本文です

高橋真麻、年内結婚を否定 不安も「振られることあるかも」

デイリースポーツ 7月9日(土)12時34分配信

 フリーアナウンサーの高橋真麻(34)が9日、都内で「みんなではぐくむ♪にっぽんの食」イベントセレモニーに出席。恋人との年内結婚について「そういう話はまったくでないです」と話した。

 エプロン姿で登場した高橋は、お相手の韓国の俳優ユン・テヨン似で、高身長の会社員にパスタや鍋料理を振る舞うと順調交際を報告。結婚話はまだなく、2014年にIT企業副社長との破局もあっただけに、「振られるなんてこともあるかも。話は出てないですけど、いつ何が起こるか分からない。世の中、誘惑が多いですし」と不安ものぞかせた。出産への思いも語り、「あせることなく。今は高齢でも」と語った。

 フジテレビ時代の先輩でフリーアナウンサーの高島彩(37)が第2子女児出産後、1カ月で仕事復帰したことにも触れた。高橋は「王道で売れっ子の大先輩が1カ月でスピード復帰。私もお仕事精進しなければ。でもラインが違う。あちらはスーパースター」と恐縮していた。

最終更新:7月9日(土)12時40分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。