ここから本文です

大西卓哉宇宙飛行士、ISSに入室成功 自身初の長期滞在がスタート 地上に手を振り笑顔も

ねとらぼ 7月9日(土)19時43分配信

 7月9日15時53分(日本時間)、ソユーズMS-01宇宙船(47S)と国際宇宙ステーション(ISS)間のハッチが開かれ、大西卓哉宇宙飛行士を含む第48次/第49次長期滞在クルーがISSへ入室しました。大西宇宙飛行士にとって自身初となるISS長期滞在が始まりました。

【地上に手を振る大西宇宙飛行士】

 大西さんは、2009年に油井亀美也さん、金井宣茂さんとともにISSに搭乗する日本人宇宙飛行士の候補者として選抜されました。乗り込んだ47Sは7日10時36分に打ち上げられ、9日13時6分にISSとのドッキングに成功。滞在は10月30日頃までの約4カ月間。科学技術イノベーション政策への貢献が期待される小動物の長期飼育や、高品質タンパク質の結晶生成実験に取り組みます。

 入室後に地上と交信した際には、手を振り笑顔も見せた大西宇宙飛行士。ISS滞在についてJAXAの奥村直樹理事長は、「先に長期滞在任務を完遂した油井宇宙飛行士から『たすき』を受けつぎ、これまでに日本が積み重ねてきた確かな技術と存在感を継承し、日本にしかできないミッションを確実に遂行してくれるものと信じております」とコメントしました。

最終更新:7月9日(土)19時43分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]