ここから本文です

【POG】ダンビュライト完勝 レッドディザイアの子は11着

デイリースポーツ 7月9日(土)13時39分配信

 「2歳新馬」(9日、中京)

 良血馬が集まった注目のメイクデビューは3番人気のダンビュライト(牡、父ルーラーシップ、栗東・音無)が完勝。不良馬場を苦にすることなく、芝1600メートルの舞台で力の違いをまざまざと見せつけた。道中は好位を追走。勝負どころからポッカリとあいたインを突いて楽な手応えで進出を開始。4コーナーで先頭に並び掛けると、直線では軽く仕掛けた程度で後続を5馬身ちぎってみせた。勝ち時計は1分40秒7。「多少ノメるところがありましたし、幾らかフワフワもしていましたが、最後はしっかり伸びてくれました。距離は延びても大丈夫そうですし、ためればもっと伸びるタイプだと思います」と松若風馬騎手は素質を賞賛した。

 離れた2着は7番人気のキクノルア、さらに2馬身差の3着には4番人気のサングレーザーが入った。なお、先日この世を去った09年の秋華賞馬レッドディザイアの子ビッグディザイア(1番人気)は後方のまま11着。2番人気で交流重賞を7勝したラヴェリータの子ワンフォーオールは7着に敗れた。

最終更新:7月9日(土)13時40分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]