ここから本文です

楽天・岡島が“珍本塁打” 本塁打がファウルと判定され、打ち直しで3号弾

デイリースポーツ 7月9日(土)17時21分配信

 「ソフトバンク6-2楽天」(9日、ヤフオクドーム)

 楽天・岡島豪郎外野手(26)が“打ち直し弾”で沸かせた。一度は本塁打とされた打球がVTR検証でファウルと判定されたが、打ち直した打球は、右中間に飛び込む正真正銘の3号本塁打。ダイヤモンドを2周して、1点を奪い取った。

 5点ビハインドの八回1死走者なしの場面。カウント1ボールからソフトバンクの東浜から放った打球は右翼ポール際に飛び込んだ。本塁打としてダイヤモンドを一周してベンチへと戻った岡島だが、打球はポールの外側に当たったか、当たっていないかという微妙なもので、審判団が集まり、ベンチ裏でVTR検証を行った。

 結果は判定が覆り、ファウルとされたが、岡島は怒る様子もなく、平然と打席に戻ると、カウント2ボール1ストライクから、高めに浮いた140キロの直球をフルスイング。今度は右中間スタンド中段へと運ぶ正真正銘の本塁打。1打席で“2連発”の珍本塁打には、楽天ベンチも大盛り上がり。オコエらが笑顔で岡島を迎え入れた。

最終更新:7月9日(土)17時47分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)