ここから本文です

SB東浜が9勝目 「初回から全力で投げた」 4番の内川が先制打で援護

デイリースポーツ 7月9日(土)17時45分配信

 「ソフトバンク6-2楽天」(9日、ヤフオクドーム)

 ソフトバンク・東浜が6勝目を挙げた。8回を5安打2失点と危なげない投球で楽天打線を抑え込んだ。

 打線も初回、4番の内川の適時打、吉村の2点適時三塁打などで3点を先制。五回には今宮の6号、中村晃の5号で中押し。八回には中村晃の適時打でダメを押した。

 初回1死一、二塁で先制打の内川は、「ゲッツーだけならないようにと。いい緊張感の中で打席に入らせてもらってる。球宴までの残り3試合全部勝つつもりでいる」とコメントした。

 好投の東浜は「カードの頭負けた後のマウンドだったので、初回からしっかり全力で投げた。先に点を取ってくれて、楽に投げさせてもらった。野手に感謝です」と振り返った。

 楽天は先発の美馬が五回途中8安打5失点と乱れた。

最終更新:7月9日(土)17時58分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報