ここから本文です

広島“神ってる”鈴木が12号2ラン ドラ1・岡田を強力援護

デイリースポーツ 7月9日(土)20時52分配信

 「阪神-広島」(9日、甲子園球場)

 広島は七回、丸佳浩外野手(27)が11号ソロ、鈴木誠也外野手(21)は12号2ランで3点を奪った。

 先頭で打席に入った丸が、1ストライクからの2球目、2番手・榎田の真ん中低め120キロスライダーをバックスクリーン右に運んだ。5月29日のDeNA戦(横浜)以来の一発。「良いバッティングができました。昨日の分を取り返そうと必死に頑張りました」とコメントした。

 1死一塁で「神ってる」鈴木が打席を迎えた。2ボールからの3球目、真ん中低めに甘く入った直球を見逃さなかった。打球は失速することなく。左中間に突き刺さった。「思い切っていきました」と振り返った。チームをけん引する若鯉の2振りで、リードを6点に広げた。

最終更新:7月11日(月)22時56分

デイリースポーツ