ここから本文です

辰吉丈一郎、勝った寿以輝をバッサリ 「先が思いやられる」連打に不満

デイリースポーツ 7月9日(土)20時59分配信

 「ボクシング・スーパーバンタム級6回戦」(9日、エディオンアリーナ大阪第2競技場)

【写真】激しく攻め立てる寿以輝

 元WBC世界バンタム級王者・辰吉丈一郎(46)の次男・寿以輝(19)=大阪帝拳=が初の6回戦に臨み、リオ・ナインゴラン(21)=インドネシア=を、3回2分11秒TKOで下した。デビューから5戦5勝(3KO)。しかし、父は試合内容に不満の連続だった。

 序盤から左ボディーの連打を繰り出し、3回に3度のダウンでKO勝ち。3戦ぶりKO勝利にも、辰吉丈は「外国人選手はバイトで来てるねん。きれいに倒してあげなアカン」と“辰吉節”で一刀両断。左ボディーに偏りがちで連打が単調に感じた様子で「連打とコンビネーションは違う。コンビネーションでまとめて倒さんと。これでは先が思いやられる」とさらに斬り捨てた。

 「一番ダメなパターン。練習はよくしてても、同じことしかしてないのがわかる。勝てば官軍やけど、勝ち方が問われるんや」。止まらない丈一郎の苦言に、寿以輝の控室の勝利の余韻も吹っ飛んだ。右手をグルグル回す自身のパフォーマンスを息子がまねたことにも「ええんちゃう、あれはあれで」と無関心だった。

 これまでの試合で最も続いた“お説教”。しかし、本人の横で「試合がおもろない」「個性がない」「プロは魅せるもんや」と言い続けたのは、すべて息子が背負う宿命を思うからだ。

 「辰吉の名前をぶら下げている以上、しょうもない試合はアカン。それがわかった上でプロボクサーになったんやからな」。“浪速のジョー”の息子から卒業する日を目指し「これぞ寿以輝というスタイルをつくれ」という助言は、父の心からの願いだ。

最終更新:7月10日(日)9時10分

デイリースポーツ