ここから本文です

中日16安打8得点、復帰の由規攻略 大島サイクル目前4安打

デイリースポーツ 7月9日(土)22時40分配信

 「ヤクルト2-8中日」(9日、神宮球場)

 中日が16安打8得点の猛攻で快勝した。1番・中堅の大島洋平外野手は4安打の活躍で勝利に貢献した。ヤクルト・由規投手の1771日ぶりの先発復帰に盛り上がる敵地で、自分の仕事を果たした。

 初回、由規から右翼へ二塁打を放つと、堂上の犠打で三進し平田の犠飛で生還。リードオフマンの務めをきっちりこなした。三回、八回にも自身が出塁し、平田が返すという展開で3得点を記録した。

 由規の復帰マウンドという雰囲気について問われても、「そうですね…独特というか、ここであまり勝ててないので、何とか打線で引っ張って勝ちたいという思いで臨みました」と冷静に答えた。九回の第6打席で本塁打が出ていればサイクル安打となっていたが、「ヒットの延長がホームランというタイプなので、あわよくば入ってくれればいいかなと思ったんですが、それよりも5本目のヒットの方がほしかった。もう1本打ちたかったです」と語った。

最終更新:7月9日(土)22時43分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。