ここから本文です

古谷徹、デビュー50周年記念3大プロジェクトいきまーす!

オリコン 7月9日(土)21時20分配信

 『巨人の星』星飛雄馬、『機動戦士ガンダム』のアムロ・レイ、『ドラゴンボール』のヤムチャ、『聖闘士星矢』ペガサス星矢、『美少女戦士セーラームーン』タキシード仮面など、そうそうたるキャラクターを演じてきた声優の古谷徹が、声優活動50周年を記念した3大プロジェクトを実施することが9日、発表された。

古谷徹デビュー50周年ロゴ

 1つ目は、「50年もの間、第一線で声優を続けてこられたのは、作品を観続けて下さったファンの方たちの応援があればこそです。この機会に日本中のファンの皆さまに長年の感謝の思いを直接会って伝えたい」という古谷本人の発案のもと、全国47都道府県を巡る「古谷が“通る”47都道府県」無料サイン会などのイベントを順次開催する。

 2つ目は、50周年を記念したミニアルバム『古谷徹 50th Anniversary 「Thanks ~感謝~」/古谷徹』の制作。古谷の代表作から『機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編』より「めぐりあい」、『聖闘士星矢』「聖闘士神話(ソルジャードリーム)」、『ドラゴンボールZ』「CHA-LA HEAD-CHA-LA」を自ら選出して歌い上げる。3曲の編曲をTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDが担当する。アニメイト、ゲーマーズ、書泉店舗限定の商品として9月23日発売予定。

 3つ目は、ファンブック。プライベートショットなどの貴重な写真と、先輩や後輩声優、ゆかりのあるスタッフや作家などからのお祝いコメント、気になるものQ&Aなど、さまざまな角度から古谷の50年の歴史を振り返る。ミニアルバムと同日の9月23日発売。

 50周年の節目に古谷は「アッと言う間でした。多少の波風はあったものの、ほぼ順風満帆な50年間でした。多くの人の記憶に残るヒット作品で、数々のヒーローたちを演じることができて、大変幸せに思っています。彼らは僕の生きた証です」とコメントを寄せている。

 古谷は1953年7月31日生まれ。主な出演作品は、前出のほか、『きまぐれオレンジロード』(春日恭介)、『名探偵コナン』(安室透)、『ONE PIECE』(サボ)など、多数。アニメ以外でもテレビ番組やCMのナレーション、バラエティー番組やイベントへの出演、歌唱の披露といった、さまざまな分野で活躍し、老若男女に幅広いファン層を持つ。

最終更新:7月9日(土)21時20分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。