ここから本文です

【GOLF】A.ノレンが「66」で首位ターン D.リー、M.マナセロが僅差で追う

ISM 7月9日(土)8時12分配信

 欧州ツアーのアバディーン・アセット・マネジメント・スコティッシュ・オープンが現地時間8日、スコットランドのキャッスル・スチュアートGLで第2ラウンドの競技を終了。「66」のラウンドで通算8アンダーとしたアレックス・ノレン(スウェーデン)が単独首位に浮上し、ダニー・リー(ニュージーランド)が1打差2位タイに続いた。

 前日3位タイのノレンは前半12番のバーディ先行からパーを並べて我慢を続けると、後半もノーボギーのまま3連続含む計5バーディのチャージ。先に通算7アンダーでホールアウトしていたリーをかわしてトップに躍り出た。ツアー5勝目へのポールポジションで大会を折り返した33歳は「週末はどんなことも起こり得る。でも楽しみだね」と優勝争いに意気込んでいる。

 11位タイからの浮上となったリーも同じく6バーディ、ノーボギーのラウンド。2009年ジョニー・ウォーカー選手権でツアー史上最年少優勝を達成したリーの1打後ろには、2013年にその記録を塗り替えたマッテオ・マナセロ(伊)のほか、ブランデン・グレイス(南ア)もつけ、さらに1打差の通算5アンダーにはパドレイ・ハリントン(アイルランド)、グラエム・マクドウェル(北アイルランド)のメジャー覇者2人が続いた。

 初日に「76」で89位タイと出遅れたフィル・ミケルソン(米)は、この日3アンダー69で通算1オーバー49位タイに浮上。同じく89位タイから出たヘンリック・ステンソン(スウェーデン)のほか、パトリック・リード(米)、スティーブ・ストリッカー(米)といった強豪も49位タイで決勝ラウンドに進んでいる。

最終更新:7月9日(土)8時12分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]