ここから本文です

【GOLF】L.コが「66」で4位タイ急浮上! 首位パク・スンヒョンとは3打差

ISM 7月9日(土)12時50分配信

 米女子ツアーの今季メジャー第3戦、全米女子オープンが現地時間8日にカリフォルニア州のコードベールGCで第2ラウンドの競技を終え、初日52位タイと出遅れていたリディア・コ(ニュージーランド)が「66」の好スコアで通算5アンダー4位タイに急浮上。通算8アンダーの単独首位には、同じく「66」をマークしたパク・スンヒョン(韓)がつけた。

 第1ラウンドは「73」で好発進を切れなかったコだが、午前スタートのこの日は比較的伸ばしやすいコンディションの中で7バーディ、1ボギーのチャージをかけた。ボギーを喫したのは出だし1番のみで、ベタピンにつけた3番から4連続バーディを奪うなど前半を「32」でハーフターン。バックナインも総じて危なげないプレーで2バーディを重ね、今季メジャー2勝目へと大きく前進している。

 大会初出場のパクは8打差11位タイからの奪首。前後半ともに3つ伸ばす7バーディ、1ボギーの内容で、昨季のチョン・インジ(韓)に次ぐ大会史上6人目の初出場優勝へ絶好の位置を確保した。以下、通算6アンダー2位タイには2オーバー74で後退した前日首位イ・ミリムとエイミー・ヤン(ともに韓)の2人が続く。

 コと並ぶ通算5アンダー4位タイにはこの日3つ伸ばした野村敏京がつけた。そのほか、ロレックスランキング(女子世界ランキング)No.2のブルック・ヘンダーソン(カナダ)は同No.4のレクシー・トンプソン(米)らと通算3オーバー48位タイで予選通過。一方、連覇を目指したチョン、リオデジャネイロ五輪出場へ上位進出が必須だったイ・ボミ(韓)は通算6オーバーで予選落ちを喫している。

最終更新:7月9日(土)16時38分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。