ここから本文です

【GOLF】野村、メジャー初制覇へ4位タイ浮上 渡邉、横峯、原も予選通過

ISM 7月9日(土)12時54分配信

 米女子ツアーの今季メジャー第3戦、全米女子オープンが現地時間8日、カリフォルニア州のコードベールGCを舞台に第2ラウンドの競技を終了。野村敏京が3アンダー69で回り、通算5アンダー4位タイに浮上した。

 初日「70」の11位タイにつけた野村は、4番でボギーを喫すると、8番までパープレーが続く我慢の展開が続いたが、9番パー5でバーディをマーク。すると後半は、11番から連続バーディをマークするなど、ノーボギーで3つスコアを伸ばし、4バーディ、1ボギーの内容でホールアウト。トップとは3打差と初のメジャータイトルを射程圏内にとらえ、ムービングサタデーを迎える。

 また、リオデジャネイロ五輪の出場権を狙う渡邉彩香は、前半を2バーディ、2ボギのイーブンパーで折り返すと、バックナインでは11番でバーディが先行。その後、13番からボギー、バーディ、ボギーとすると、17番パー4でスコアを伸ばし、5バーディ、4ボギーの1アンダー「71」でホールアウト。通算1オーバー29位タイに浮上し、決勝ラウンド進出を決めている。

 23位タイから出た横峯さくらは、インスタートの11番パー4でバーディを先行させると、13番ボギーのあとの16番パー3で再びロングパットを沈め、バーディをマーク。しかし、18番から4連続ボギーと失速すると、その後はスコアを伸ばせず、3オーバー「75」でラウンドし、通算2オーバー38位タイとなっている。原江里菜は5オーバー77とスコアを落としたものの、通算4オーバー60位タイとカットライン上で辛くも予選突破となった。

 一方、同じく23位タイからスタートした宮里美香は、1オーバーで折り返した後半に5ボギーを喫し、6オーバー「78」で通算5オーバー73位タイ。また、現在ロレックスランキング(女子世界ランキング)で日本人2番手につける大山志保は4オーバー76と通算8アンダー106位タイに沈み、ともに予選落ちとなっている。松森彩夏は1オーバー「73」でフィニッシュし、佐藤絵美らと並び通算7オーバー92位タイ。堀琴音は7オーバー79で通算10オーバー119位タイ。アマチュアの澤田知佳は5オーバー「77」で通算19オーバー150位タイとなり、2日間で大会を後にすることとなった。

最終更新:7月9日(土)16時37分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]