ここから本文です

【GOLF】武藤が完全Vに王手! 連勝狙う谷原は「65」猛追で3打差に

ISM 7月9日(土)17時22分配信

 国内男子ツアーの今季公式戦第2戦、日本プロゴルフ選手権 日清カップヌードル杯が9日、北海道クラシックゴルフクラブを舞台に第3ラウンドの競技を終了。通算16アンダーに伸ばした武藤俊憲が初日からの単独首位をキープし、2週連続優勝を狙う谷原秀人が「65」の猛追で3打差2位タイに続いた。

 後続と6打差から出た武藤は出だし4ホールで3ボギーを叩くなど前半2オーバーとスコアを落とすも、同組の谷原、宋永漢(韓)と3人揃って「31」のバーディ合戦を繰り広げたバックナインでは、ノーボギーのまま3連続含む5バーディを奪って首位を堅持。前日に今年2度目のアルバトロスを記録した38歳が、完全優勝での今季初勝利に王手をかけた。

 前日7打差3位タイから首位との差を詰めた谷原は、後半で5つ伸ばす8バーディ、1ボギーの猛チャージをかけて逆転V圏内で最終日へ。宋も負けじと6アンダー66をマークして同じく2位タイにつけた。同選手らの4打後方、通算9アンダー4位にはハン・リー(米)が続き、通算8アンダー5位タイに竹谷佳孝、マイケル・ヘンドリー(ニュージーランド)らが並んでいる。

 そのほか、通算7アンダー8位タイに藤本佳則、冨山聡、梁津萬(中)の3人が入り、藤田寛之が通算5アンダー13位タイ。一方、前日5位タイの片岡大育は「74」と崩れ、重永亜斗夢、宮本勝昌らと同じ通算3アンダー18位タイに順位を下げている。

最終更新:7月10日(日)16時47分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]