ここから本文です

ジェイ・Z、黒人男性射殺事件を受け、新曲を発表

BARKS 7月11日(月)10時37分配信

今週アメリカで起きた2件の警官による黒人男性射殺事件に対し、ビヨンセが声明を出したのに続き、ジェイ・Zが新曲「spiritual」をリリースした(TIDAL独占)。

◆ジェイ・Z画像

約3年ぶりとなる彼の新曲は、降参しているにもかかわらず撃たれようとしている、幼い子供を持つ男性の必死で絶望的な心情を描いたもの。1年ほど前に作ったが、未完成の状態だったという。

ジェイ・Zは、いまリリースしようと決意した理由をこう説明している。「(同様の事件の被害者)マイク・ブラウンが亡くなったとき、Punch(TDE)にリリースすべきだと言われた。悲しいことだが、僕は“この問題はこの先もずっと続く”って答えた。彼の死が最後じゃないってわかっていたのには心が痛む…」

「僕は、このアメリカに失望し、悲しく思っている。僕らは前に進まなくてはならない。(しかし)そうはなっていない。僕は神を信じているし、全ては僕らの偉大な神の導きのもと起きているのはわかっているが、しかし…いまは辛い。警察の残忍な行為により愛する人を失った全ての家族のために祈る」

また、クリス・ブラウンも「My Friend」という曲を発表した。

この事件をめぐっては、ダラスで開かれた抗議デモで5人の警官が撃たれるというさらなる悲劇を生んだ。

JAY Z "spiritual"
Ako Suzuki

最終更新:7月11日(月)10時37分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。