ここから本文です

ロニー・ロメロ、レインボー公演を語る

BARKS 7月11日(月)10時38分配信

リッチー・ブラックモアズ・レインボーにシンガーとして参加したロニー・ロメロが、『Metal Shock Finland』のインタビューで、リッチーのロック公演の裏側や将来について語った。

◆ロニー・ロメロ画像

いまだ「夢の中にいるようだ」というロメロは、公演に先駆け行なわれたリハーサルについてこう話している。「2ラウンドあったんだ。11月と5月にね。1回につき2週間くらいリハーサルした。ちょっと変だったよ。だって、僕が知っているリハーサルとは違ったからね。ジャム・セッションみたいだった。即興がすごく多いんだ」

リッチーについては「リッチーはリッチーだ。71歳でまだギターをプレイできるなんて素晴らしいよ。彼はレジェンドだ。バンドの中ではすごくいい人なんだ。僕がくつろげるようにしてくれた。それにほかのバンド・メンバーたち、僕らは小さな家族みたいだった。リッチーは、リハーサルのときだけでなく、本番でも僕をいい気分にさせてくれた」と話した。

ロメロはこの先もっと公演を開きたいと願っており、リッチーも結果に満足しているという。「もっとショウをやりたい。多分、来年とか。リッチーは結果にすごく満足している。オーディエンス(の反応)を本当に喜んでいる。多分、来年、もっとできるんじゃないかな」

リッチー・ブラックモアズ・レインボーは、世界中の多くのファンに望まれつつも、6月にドイツとUKで3公演しか開かなかった。リッチーは公演を始める前、「上手くいったら、もっとやる」と話していた。

Ako Suzuki

最終更新:7月11日(月)10時38分

BARKS