ここから本文です

自身2連敗中のSB東浜が楽天戦へ決意 「5回でつぶれてもいいつもりで」

Full-Count 7月9日(土)7時10分配信

前回はウィーラー、枡田に被弾「低めに強い球がいくように」

 9日、ソフトバンク・東浜巨が楽天戦に先発する。6月25日、仙台での対戦では6回まで好投しながら、7回にウィーラーと枡田に本塁打を許して逆転負け。翌週2日の日本ハム戦でも6回1失点ながら味方の援護に恵まれず連敗を喫した。自身5勝で足踏みが続いているだけに、9日の登板で6勝目を勝ち取りたいところだ。

ソフトバンク、過去10年のドラフト指名選手一覧

「(前回登板からの)1週間は特に調整のやり方は変えていません。(遠征先の)大阪でもブルペンに入って監督に直接見ていただいて、再確認できたところはあります。それをどう活かせるか、ですね」

 再確認できたのは「フォーム、身体の使い方、意識の問題」だと語る東浜。そして「一人ひとり、1球1球、全力で。5回でつぶれてもいいつもりでいきます」と力強く続けた。楽天打線の中で気をつけたい打者を尋ねると、やはり前回本塁打を浴びた2人の名前を挙げた。

「どういうオーダーで来るかわかりませんが、やはりウィーラーと枡田さんですよね。とにかく一発だけには注意して、低めに強い球がいくように。攻めていく中で、どれだけ丁寧にいけるか。そのためにも、しっかり腕を振って投げたいです」

 8日に初戦を落としたソフトバンクとしては、このカードに勝ち越すために絶対に落とせない試合となる。また、東京の「鷹の祭典」をきっかけに7月から着用している青いユニフォームで5連敗中とあって、その連敗ストップも東浜の右腕に託される。東浜には、いろいろなプレッシャーを弾き返すような快投を期待したい。

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

最終更新:7月9日(土)8時16分

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]