ここから本文です

『エヴァンゲリオン』シリーズの庵野秀明氏、『ウルトラマン』への思いを語る/〈視線の先〉インタビュー

トレンドニュース(GYAO) 7/9(土) 9:30配信

 学生時代の自主制作映画で自らウルトラマン役を演じたこともある庵野秀明氏。『館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技』の館長を務め、大のウルトラマン・ファンとしても知られる庵野氏が7月9日にNHK BSプレミアムで放映される『祝ウルトラマン50 乱入LIVE! 怪獣大感謝祭』のゲストとして登場。今年で放送開始50周年を迎える『ウルトラマン』。この機会にウルトラマンの思い出とその魅力について語ってもらった。

3時間生放送『祝ウルトラマン50』のみどころ >>

■ヒーローに憧れ、ウルトラマンになりたかった少年時代

――ウルトラマンとの出会いはいつ頃だったのですか?

 小学校1年生の時で、まだ家のテレビが白黒だった時代です。日本中の子供たちがそうだったように、衝撃を受けました。それまでに見たことがないものでしたし、あらゆるものが新しかったですから。これが毎週見られるんだ、という幸せを感じていました。

――どの部分に魅力を感じたのですか?

 怪獣そのものはそこまで好きだったわけではなく、『ウルトラQ』は幼すぎて怖かった記憶しかないんです。やはりウルトラマンという、銀色に輝く巨大な宇宙人の存在が魅力でしたね。巨大で、強くて、しかも寡黙。そんなヒーローに憧れたんです。近所の友人と怪獣ごっこをやっていても、ウルトラマン役しかやりたくないような子供でした。

――ウルトラマンのデザインがお好きだったのですか?

 シンプルで無駄がないですよね。体表に描かれた赤い線は人の筋肉に沿っているように見えますし、着ぐるみの必要上存在する背中のラインも脊髄を象徴しているかのように見えます。また、カラータイマーが胸の中心にあることで完成したデザインになっていると思うんです。デザイナーの成田亨さんがカラータイマーを付けることを嫌がったのも理解できますが、ビジュアルで危機感を表現するという効果もあげています。いろんな事情でできているものがすべてプラスに働いているという点でも奇跡のような存在だと思うんです。

――科特隊(科学特捜隊)についてはどうお感じになりましたか?

 怪獣がいてあたりまえの世界があって、怪獣を退治する専門家がいるという設定がすごいと思いました。大人の世界を垣間見させてくれるような感覚が好きだったんです。難しい専門用語も普通に使っていましたし、子供におもねっていない作り方をしていたからこそ、今になっても残る作品になっているのではないでしょうか。

――ウルトラマンの世界観については。

 ウルトラマンはハヤタ隊員と一体化することによって、ヒトと宇宙人のはざまの存在になったと思っています。そもそも単独で恒星間を往来できるような異星人が、不注意の事故で巻き添えにしてしまった地球人、しかもたった一人を救うために彼と合体してしまうんですよ。さらに最後に地球を去らなければならなくなった時には、自分が死ぬことも厭わずにハヤタに命を与えようとまでする。命に関する感覚がわれわれとはまったく違うんですよね。
ベーターカプセルによってハヤタから変身するシーンも“神が宿る“ 儀式のようなイメージが漂っています。この瞬間に感覚が飛んでいくというか、現実からの跳躍感があるんです。ここが実写の特撮作品とアニメとの大きな違いで、特撮では現実の中に非現実を入れ込むことができますが、アニメは絵に描かれた時点でそもそも非現実ですからね。そんな感覚を抱かせる世界観を、当時の技術で作り上げていたのですからすごいと思います。

1/3ページ

最終更新:7/9(土) 9:30

トレンドニュース(GYAO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]