ここから本文です

九州から関東にかけて大雨のおそれ

ウェザーマップ 7月9日(土)6時8分配信

 梅雨前線上の低気圧の影響で、きょうは九州から関東にかけて大雨のおそれがある。特に梅雨前線の影響が残る九州南部では、あす日曜日にかけて猛烈な雨に警戒が必要だ。

 台湾付近にある台風1号と南海上の太平洋高気圧から暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、梅雨前線の活動が活発となっていて、大雨となりやすい状況が続いている。雨の中心となる前線上の低気圧は、朝の時点で四国から近畿あたりにあり、夜には関東へと進む見込みだ。

九州南部はあすにかけて大雨に警戒

 九州南部は低気圧が東へ進んだあとも前線がかかり続けるため、あす10日にかけて非常に激しい雨が降りやすい状態が続き、猛烈な雨となるおそれもある。
 あす朝までに予想される雨量は九州南部で250ミリ、奄美で200ミリ、九州北部で120ミリで、その後さらに増える見込みだ。これまでの雨で地盤が緩んでいる地域もあるため、土砂災害や河川の増水などに引き続き警戒が必要だ。

四国・近畿・東海の雨は昼過ぎまで

 前線上の低気圧が通過するため、四国から東海にかけては、きょう昼過ぎにかけて非常に激しい雨のおそれがある。
 あす朝までに予想される雨量は、近畿・東海で200ミリ・四国で150ミリとなっている。

関東 雨のピークは夕方

 関東では、きょう昼頃から本降りとなり、特に午後4時から午後7時ごろにかけて雨足が強まる見込みだ。雷を伴って非常に激しく降るおそれもある。
 あす朝までに予想される雨量は関東甲信で100ミリ、伊豆諸島で120ミリ。
 ただ、強い雨は南部が中心で、貯水率が低下している北部のダム周辺では、まとまった雨にはならない見込み。

最終更新:7月9日(土)7時3分

ウェザーマップ