ここから本文です

無料です。正式リリース前の「iOS 10」と「macOS Sierra」をお試しできるベータ版はじまりました

ギズモード・ジャパン 7月9日(土)13時10分配信

より多くのフィードバックで、よりよいOSに。

Appleは、今秋に正式リリースする最新OS、「iOS 10」と「macOS Sierra」のパブリックベータ版を公開しました。パブリックベータ版は開発者でなくても利用することができるリリース前のベータ版のこと。登録者からのフィードバックを得て正式リリースまでにソフトウェアの完成度を高めていく「Apple Beta Software Program」を通して利用することができます。

ただし、パブリックベータ版はその名の通りベータ版なので、思わぬバグや不具合が生じることがあります。試用は自己責任になるので、仕事などで使う大切なiPhoneやMacでの利用は控えたほうがよさそうです。

使うにはまず「Apple Beta Software Program」のページから登録を行います。ログインするとプログラムの概要とパブリックベータを使用するiPhoneやMacのバックアップを勧められるのでそれに従います。その後、iOSの場合には新プロファイルのダウンロードリンクが、macOSの場合にはMac App Storeで利用できるコードが表示されるので、それぞれをタップすればパブリックベータ版のダウンロードとインストールがはじまります。

それぞれの大きな変更点

まず、macOS SierraではiPhoneでおなじみの音声アシスタントSiriさんが利用可能です! これまでiPhoneでやっていたように、「Hey Siri」でどんどん話しかけてみてください。

そのほかにも、iPhoneでコピーした内容をMac側でペーストできるユニバーサルクリップボードなど、細かな使い勝手が改善されています。

そしてiOS 10ではロックスクリーンがこれまでより機能的になります。ブロック状の通知が画面に並び、それぞれの通知から直接アクションできるんです。

さらには、ミュージックアプリがリデザインされて使いやすくなっていたり、アニメーションの動作もiOS 9とは異なっています。

詳しくはiOS 10のまとめ、macOS Sierraのまとめをどうぞ。

source: Apple

最終更新:7月9日(土)13時10分

ギズモード・ジャパン