ここから本文です

埼玉&山梨デート、アイドルら紹介 彩甲斐街道沿いを行く

埼玉新聞 7月9日(土)10時30分配信

 彩甲斐街道(国道140号)沿いの埼玉県と山梨県の公務員が織姫と彦星の「再会」をキーワードに、地域活性化を目指すプロジェクト「サイ―カイ―タク!七夕プロジェクト」の記者発表会が7日、秩父市と小鹿野町にまたがる秩父ミューズパークのパルテノン付近で行われ、埼玉と山梨のデートコースが発表された。
 
 同プロジェクトは埼玉県と山梨県の職員が中心となり、埼玉と山梨をつなぐ彩甲斐街道の再会に焦点を当てた企画。織姫と彦星が年に1度しか会えないという七夕の物語を逆手に取り、埼玉と山梨のそれぞれのデートコースを紹介するという形で、観光スポットの情報を発信していく。
 
 記者発表会では織姫「おりり」と彦星「ひこひこ」の再会劇を実施。織姫はお風呂業界を盛り上げるために結成されたアイドルグループ「OFR48」で、「さーや」として活躍する熊谷市出身の下野紗也香さん(25)、彦星は津軽三味線奏者で山梨県笛吹市出身の福島孝顕さん(26)が担当し、埼玉と山梨のデートコースをそれぞれ紹介した。
 
 デートコースはいずれも、大学生たちが若者の視点で厳選。埼玉は秩父で地域活性化の取り組みを行ってきた早稲田大学人間科学部の扇原ゼミ、山梨は甲府市を中心に地域振興に関する調査研究を実施している山梨県立大学国際政策学部の安達ゼミが選定した。
 
 埼玉のデートコースは秩父ミューズパークや同パーク内のカフェ「メープルベース」、そば打ち体験、橋立鍾乳洞、ブドウ狩りといった秩父地域の自然や食が楽しめるコース。山梨は彩甲斐公園をはじめ、モモ狩りや笛吹川フルーツ公園足湯などを紹介している。
 
 下野さんは「空気がおいしく、自然豊かな秩父の魅力が感じられるコース」とPR。福島さんも「初めて山梨に来るカップルにお薦め」とアピールしていた。
 
 両デートコースは、同プロジェクトのホームページでも公開されている。

最終更新:7月9日(土)10時30分

埼玉新聞