ここから本文です

1年半で3度の手術も完全復活をアピール、ストロートマン「今は100%を出せる状態」

theWORLD(ザ・ワールド) 7/9(土) 9:00配信

苦しい時期を乗り越えて

来季、ローマに所属するオランダ代表ケビン・ストロートマンはフル稼働が期待できそうだ。

ここ数年、度重なる膝の怪我に悩まされてきたストロートマン。2014年3月以降、1年半で3度の手術を経験し、なかなか完全復活とはいかなかったが、今年2月にようやく復帰。その後はオランダ代表にも招集されるなど順調な歩みを見せており、ストロートマン自身も膝の調子は良いとクラブの公式サイトで語っている。

「また試合でプレイするのが待ちきれないよ。膝の状態はとてもいい。プレシーズンを過ごし、シーズン最初からプレイするというのは非常に重要だ。ここ2年はそれができなかったからね。昨年僕は4試合しかプレイしていないけど、今は100%を出せる状態だ。チームを助けたいし、100%ならいい仕事ができるはずさ。チャンピオンズリーグのプレイオフまで5、6週間だし、100%にする必要がある」

ローマは主力選手のミラレム・ピヤニッチがユヴェントスへと去り、ラジャ・ナインゴランにも退団の噂がある。それだけにストロートマンの復活はチームにとって大きいはずで、ファンも活躍を心待ちにしていることだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/9(土) 9:00

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]