ここから本文です

【参院選】「俺は俺でやる。だから投票に行かない」 棄権する20代の声を聞く

BuzzFeed Japan 7/9(土) 21:43配信

「若者が投票に行かない」と言われて久しい。

総務省の調査によれば、2014年12月の衆議院総選挙の投票率は、20歳代が32.58%。最も高い60歳代は68.28%で、倍以上の開きがある。

いったい、なぜか。

「実際、どこが与党になって誰が総理になっても、自分の生活は大して変わらないじゃん。消費税が8%に上がった実感もあまりないし。別に、俺は俺でやるから」

投票にいかない理由は、人それぞれ、あるだろう。「世の中に無関心で、何も考えていないから」というステレオタイプなイメージだけでは語れない。

BuzzFeed Newsは、Nさんに話を聞いた。彼は、一度も投票に行ったことがない。
26歳。東京に生まれ、ずっと実家で暮らしている。未婚。都内の大学を卒業して、映像制作会社に就職した。その後転職をし、カメラマンとして働いている。平日は朝10時から夜10時頃まで。土日にも仕事が入ることがある。

土曜の夜、新宿のチェーン居酒屋で、Nさんはこんなことを語った。【BuzzFeed Japan / 井指啓吾】

何も考えてないわけじゃない

--普段、ニュースはチェックしている?

「通勤中にスマートフォンでウェブニュースを見たり、家で食事中にテレビを見たりする。ただ、テレビはつけているだけで、意識して見ているわけじゃない。新聞はまったく読まないね」

「4月に熊本地震が発生した時には、スマホやテレビでこまめに動向を追ってた。熊本にいる友人がいるから心配で。情報を少しでも知っているのと知らないのとでは、違うと思う。世の中で話題になっていることは、知っておいたほうがいいと思ってる」

--最近、ほかに興味を持った話題は?

「集団的自衛権に関する議論かな。軍拡を進める中国にどう対抗すればいいのか。『戦争反対』なのは当然だけど、SEALDsとか、他国に攻め込まれたりした時のことを何も考えていない人が多い気がする」

「メディアによってはSEALDsを『若者代表』のように取り上げているけれど、俺はまったく好きじゃない。ただ、名前を出して正々堂々とやっているのは素直にすごいと思う。でも、その周りで『戦争反対』だけを叫ぶ人たちは考えが浅いんじゃないかな」

ビールを飲みながら話した。Nさんは自分なりの考えを持っている。世の中に興味がなくて、日本社会がどうなってもいいと思っているわけではない。

それなのに、なぜ投票に行かないの?

1/2ページ

最終更新:7/9(土) 21:43

BuzzFeed Japan