ここから本文です

【MLB】岩隈久志、7回途中1失点の好投 9勝目の権利持って降板

Full-Count 7月9日(土)11時21分配信

6回2/3を5安打6奪三振1失点

 マリナーズの岩隈久志投手が8日(日本時間9日)の敵地ロイヤルズ戦で7回途中を1失点と好投し、9勝目の権利を持って降板した。

日本人最高は? 衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 岩隈は初回に2三振を奪うなど上々の立ち上がりを見せると、2回も3者凡退に打ち取る。3回は2死から連打を浴びるも2番メリフィールドを二ゴロに仕留めて点を与えない。

 しかし4回、同じく2死から四球と安打でピンチを招くと7番カスバートにレフトへタイムリーを許して先制点を献上する。

 それでもマリナーズ打線は5回にマルテの犠飛で追いつくと、6回に2点を奪って逆転に成功。右腕を援護した。

 岩隈は6回まで1失点に抑える好投。7回1死から6番オーランドにレフトへ二塁打を浴び、1死三塁の場面で8番エスコバルに四球を与えたところで降板。2番手のディアスが後続を立ってリードを守った。

 岩隈は6回2/3を5安打6奪三振1失点で防御率4.25となっている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月9日(土)11時21分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。